国内線の格安航空券でのチェックイン方法は

格安航空の注意点

格安航空の注意点一般航空とはチェックイン方法も違うオープン時間が限られている

国内線の格安航空券チェックイン方法は通常の航空券と比べて何か違いがあったり、注意しなければならないことがあったりするのでしょうか。
実際に手続きを行ってみると分かりますが、大手航空会社のチケットであれば、特に違いは感じられません。
大手航空会社の場合はそもそも格安航空券ではないだろうと思われるかもしれませんが、大手であっても早期予約、早期購入により十分に格安と言える航空券を購入することは可能です。
こういった航空券の場合、一般的には値段が安い代わりに予約の変更やキャンセルに制限が設けられており、事実上変更やキャンセルができないこともごく普通です。
しかし、チェックイン手続きに関して言えば、通常運賃で購入したチケットと比べて何か違いがあるかというとまずそんなことは感じません。
もともと国内線の場合は国際線ほどに手続きがクラス別に大きく分けられているわけでもありませんし、たまに上級クラス利用者の場合カウンターが分けられていることもありますが、これはチケットが格安であったとしても搭乗する座席クラスが上級であればそのカウンターを利用して全く何の問題もありません。

格安航空券航空券比較まとめ