国内線の格安航空券でのチェックイン方法は

一般航空とはチェックイン方法も違う

格安航空の注意点一般航空とはチェックイン方法も違うオープン時間が限られている

列を作って並ぶことのほか、大型の手荷物を貨物室に預かってもらう手続きについても基本的に変わりはありません。
早期予約の航空券だから手荷物の預け入れはできないとか、余分に手数料がかかるということは聞いたことがありません。
これらの手続きが終わった後に手荷物検査場を通過する際とか、実際に飛行機内に入るときのゲートについても、航空券が格安かどうかという意味での区別は一切ありませんから、その点は安心して良いでしょう。
つまり、格安かどうかで扱いが決まるのではなくて、搭乗する座席のクラスとか、あるいは航空会社のマイレージクラブの会員ステータスによって扱いが決まるということが言えます。
ですが、これは大手航空会社の格安チケットと通常価格のチケットとを比較した場合です。
いわゆる格安航空会社のチケットの場合、大手航空会社のチケットと比較すると、チェックインにかなりの違いを感じることでしょう。
もちろん注意点もあります。
それは、カウンターに並ぶ以前の問題から始まりますから、予め十分に確認しておく必要があります。

格安航空券 / 航空券比較まとめ